村は、別荘又はレジャーの基地であると同時にその土地の人・文化・産業と触れ合い

互いに発展させられる事を目標としている。

われわれプロジェクトでは、その土地・建物を企画し建設する事と、村のしくみ・おきて

の基本的ルールを確立させることを目標とし現在以下のとおり考えております。


   一.   村は約3,000m2で、その中に約25戸と道路・管理棟・(その他)を設置

        する。  


   一.   村はリゾート地ではなく、町の近くの小さな村で環境が良くてレジャーの

        基地としても使える所で少しでも安い土地を探す。



   一.   建物は約15畳程度のもので平屋1.5F(ロフトつき)程度とする。

        キッチン、トイレ、シャワールームを設置し、車庫スペース、ウッドデッキ

        テラススペースを予定する。


   一.   価格は500万前後を目標とする。

        基本的に村有地は買収地とするが、やむをえない時は借地もありえる。


   一.   村の土地はすべて共有地とし、村人数分の1所有権を持つ。

        個人的使用部分の権利を守るため、村が発行する測量図及び確認書

        を村人は承諾の上所有保管する。


   一.   管理棟及び用地も共有であり管理者は村長とし、出来れば地元の方に

        していただいて管理代金は年貢として村人1人当たり月(相当額)支払う。