滞在型市民農園(クラインガルテン)

コンサルティング
Coordinator



 農林水産省においては、近年農地法の種々の緩和政策を行い。その中において市民農園の位置付けも重要視されているところであります。
原則として耕作放棄地や耕作放棄地になりそうな農地等が相当程度存在する区域において、参入区域の設定をする事により農地を有効利用し、市民農園(滞在型)を誰でも設置・建設できるようになりました。
 以上のような社会的な流れも踏まえ、我々京・なにわ村づくりプロジェクトとしましては、わんど村計画を推進すると共に、市民農園(滞在・交流型)計画をお考えの方に対し、計画〜交流プログラム作成に対するコンサルティング業務を行っております。

計画をお考えあるいは、興味のある方はご一報ください。

*農林水産省参考資料