わんど村とは川の流れでたとえるならば、淀川の本流に対しその横でひっそりとたたずむわんど(たまり)の様に河川そのものの浄化作用も含め河川機能になくてはならない重要な役割をもっていることが近年注目されていますが人の流れも同じように本流とは別にわんどの様な所があってもいいんじゃないでしょうか。

そんな願いも込めてわんど村と命名しました。

またわんど村には、村のしくみ・おきてをちゃんと作りみんなで守ります。

“わんど村とは”

都会は便利で生活するにはすばらしい所だ。昔と比べ、施設も整い、人の知恵が生かされ、ほぼ完成されつつあると思います。しかし、このために大切なもので犠牲になったものもあります。

そこで、『都会と地方を旅行で訪れるのではなく、すこし根を下ろせる場所・環境を手に入れませんか?』と云う企画です。

しかし、土地・家を手に入れるには、そうたやすくありません。まして別荘ともなると高価な贅沢品だと思いますし、今流行の田舎暮らしとなると、今の仕事をやめて永住しなくてはなりません。どちらも実現は中々難しい。

それならあきらめますか?

そこで、私たちはこう考えました。

例えば、信州が好きな人20〜30人でグル−プを組み、いい土地を探し、1軒当り20〜30坪程度で小さな家を建て村の様なスタイルで管理し、地元の協力も頂き、地元の方たちとも付き合える様にし、目標は1軒当り500万円前後でロ−ンでも購入できる様にしてオ−ナ−となって頂く。オ−ナ−となれば、わんど村仲間にレンタルをすればいくらかの収入源にもなる。

そのため、沢山の人に仲間になっていただき、購入するのもいいし、レンタルするのもいいと云うふうに手軽にレジャ−と田舎暮らしが体験できる場所づくりを各地方へ建設する手助けをさせて頂く。それがわんど村計画であり、そのため我々は実現に向け地方への交渉(お願い)及び仲間集めを行っています。

“わんど村計画とは”